マニア集団の危険な首絞めスペシャル7 宮沢ゆかり&さとう愛理

2020年2月2日


何も知らない純情娘の細首を好き放題に強く絞めていく
アダルトビデオの撮影だと騙されて撮影スタジオにやってきた人気アイドル女優のさとう愛理と宮沢ゆかり。事前にSMプレイとだけは伝えていたが、執拗に首を絞めらていく。女性たちは嗚咽を漏らし苦しがるが、それを気にすることなく撮影は続行され続ける。AV撮影にしてはおかし過ぎる…。これはアダルトビデオの収録じゃない。体を痛めつけられてる。ここは恐怖のフェティッシュワールド首絞め現場。どんな演技も通用しない。渾身の力と技で失神の世界へ誘うのだ。ただ一つ言えることは、この首絞め映像はドキュメントである。

今回も人気アイドル女優2人を騙して首絞め撮影に引きずり込みました。

狙われたのは宮沢ゆかり&さとう愛理。手加減なしの本気ガチで挑みました。

こんなヤバ過ぎる映像は二度と撮れないかも知れません。

 


首絞めスペシャル vol.7

●宮沢ゆかり:150cm B78 W59 H87
●さとう愛理:155cm B85 W59 H86
●メーカー:フェティッシュワールド
●収録時間:65分

SM動画情報

今回スタジオに登場したのは宮沢ゆかり&さとう愛理ちゃん。稀に見るアイドルクラスの女優さんが首絞め撮影に参加してくれました。小さな顔と細い首、丁寧に弄りながら首を徐々に絞めていきます。嗚咽混じりの咳き音はどの強さで絞めるか調整をする。彼女から発する苦しいの言葉が鈍く混ざり合う。いつも笑顔だった宮沢ゆかりちゃんの幼顔は恐怖に震えていた。
ロープでぐるぐると拘束され、抵抗もままならぬその柔首を、じっくりたっぷり、ただひたすらに首を絞めまくります。撮影スタジオは恐怖と絶望の首絞め地獄なのであった。どれだけもがこうと呻こうとよだれを垂らそうとやめる様子はない。あの大きな瞳がじわじわと充血していく様は、首絞めファンならずとも垂涎もの。
人は首を絞め続けられることにより次第に興奮を覚えてくる。動物的な悲鳴、恐怖の縛り首、転げ落ちる肉体。さとう愛理ちゃんが下着姿で絞められる姿は淫靡。果たして彼女たちには如何なる結末が待ち受けているのだろうか。