BZ-154 女の子のお腹を殴りたい 柚木れいか20歳

2020年2月2日

柚木れいか腹パンチ動画
腹パンチという撮影の名のもとに繰り広げる実験記録
女の子のお腹をこうやって殴りたい…そんな欲望が男たちの脳裏に浮かぶ。こうやって幕之内一歩のようにストレートアッパーですくいあげ、そして間柴了の真似して頭の辺りからの打ち下し、最後はスローなパンチが急に早く押し寄せノーモーションの突き刺し。肋骨直下の鳩尾パンチに思いっきり苦ませてやる。20歳になったばかりの素人娘の柚木れいか嬢に初めての経験をいろいろさせた。少しづつ本物のパンチの味を彼女の体に植え込んでいく。初めて見せられる腹パンチマニアの世界。いよいよ生腹でグリグリ痛めつける…あまりの苦痛に彼女の声が次第に悲鳴へと変わっていく。


女優名は「柚木れいか」と記載されているが、ネット上では詳細情報が見当たらない

女の子のお腹を殴りたい、女の子おへそを突き回して拳で失神させたい。

腹パンチの気持ちを詳しく聞きながらどっぷりとパンチ。

 


BZ-154 女の子のお腹を殴りたい

●女優名:柚木れいか
●メーカー:BODY ZONE
●収録時間:62分

SM動画情報

要するに俺達がやりたいことは女子のお腹のお奥までグリグリ突き回し、容赦なく男の硬い拳で鳩尾を殴りつけ失神させたい。これが一番好きなのだ。腹筋が壊れる瞬間を逃さず拳を打ち込む。柔らかな果実のような肉感が堪らない。
もしも自分が付き合っている彼氏が腹パンチマニアだったらどうする?本当に殴ってもいいっていう?根掘り葉掘り聞きながらおへそのから下腹へパンチを繰り出し強烈な鳩尾を喰らわせる。ジワジワ効く長時間の連続ジャブ!そして鳩尾への強打が始まり丸くうずくまる柚木れいか20歳。休む間を与えない連続の腹パンチの打撃。主観を交えないで冷静に現実を見つめることが要求される。人は敢えて決定的な選択をする自由と責任を持っている。フェチな性癖を持つ腹パンチマニアと結婚したらこうなるということを教える。