いつの時代もお仕置きはお尻ペンペン 第八章

2020年2月2日

お尻をペンペン叩かれた男は意外と素直に調教されていく。

男のしつけはお尻ペンペンに限る。大人の男と言えど尻を叩かれれば、自分の幼き日の母のお説教が心に思い浮かぶ。反射的に泣いて許しを請う社会的に身分もある大人の男性。決して暴力も体罰ではない、そこには母性溢れる深い愛があるのだ。世の中のダメ男たちのお尻を叩いて根性を入れ替えさせる。きっと全米が涙するに違いない感動を呼び覚ます人間味ある癒しのスパンキング劇場。今まで見たことが無い圧巻のフェチ具合を存分に堪能出来る名作が誕生しました。

パンチラを狙う変態カメラマンにはお仕置きが必要ね。

恥ずかしすぎるお尻ぺんぺん制裁。

スケベなマッサージ師にはお尻を叩いてお仕置きが必要ね。

 


お仕置きはお尻ペンペン 第八章

● 女優名:記載なし
● メーカー:浪漫フェチ映像
● 収録時間:48分

SM動画情報

スケベな目線でエッチなポーズ要求し、超ローアングルでパンチラ写真を撮ろうとする変態カメラマンに撮影会の美人モデルがブチ切れた。撮影会を中止して男をとっ捕まえ、ハンガー・スリッパを駆使してスケベ男の非常識さを正すため、お尻を激しくへんぺん叩きまくるスパンキングの雨あられ。やがて泣きながら己の過ちを認めたカメコを優しく解放する美女。腫れたお尻を濡れタオルで冷やしてあげながら「また来てね」と、次回へ繋ぐ辺りはしっかりした営業プロフェッショナル。そのたくましい精神は見習わう価値がありますね。
連日の仕事の忙しさに疲れてマッサージに行った先で、いやらしく女性の身体を触るスケベマッサージ師に運悪く当たってしまった彼女。気持ちの悪い男の手付きに彼女の怒りはメラメラとMAX状態に。職務を放棄したお男のスケベ根性を叩き直すため、室内にあったスリッパ、バインダーでビシバシ叩きまくる。さらに男のパンツをずり下げて直接お尻をペンペンスパンキング。ようやく非を認めたマッサージ師の顔に反省の色が見えると優しく介抱し、更に手淫マッサージをしてあげる彼女。お尻ペンペンで心が通い合う男女の秘密の性癖、世の中そんな事ってあるもんなんですねぇ。