地下室の首絞めショー6人目は人気女優の黒木歩

2020年2月2日

黒木歩の首絞め
囚われた生粋のM女の首絞め遊戯
都内の某所で開催される秘密の首絞めショー。諭吉さんをばら撒くVIPな客だけが特別に見ることができる女子調教劇。首の絞め方や苦しめ方は、その場のお客様の要望やリアクションに応じて思うがまま。首を絞められた女性は手を震わせ、だらしなくヨダレを垂らす。思う存分に絞め上げると身体を痙攣させ泡を吹き、意識を朦朧とさせて白目を剥く。いいように絞めまくられる美女の姿は、初々しさを超越した儚さのようなものが感じられます。今回の犠牲者はロック・ヴォーカリスト黒木歩。首絞めファンなら誰もが夢見るSM調教劇。その首筋を、痛ぶり、吊るしてみました。


女優は煩悩寺プロレスにも登場した黒木歩だと思われる。

若くて綺麗な顔立ちと猥褻な身体が魅力的です。

女が苦しむ姿を見て興奮。客が満足するまで終わらない、地獄の首絞めショー。

 


地下室の首絞め六人目

●女優名:黒木歩(宮村恋)
●身長:155cm B83 W56 H86
●メーカー:三十九階段
●収録時間:43分

SM動画情報

生意気そうな茶髪ギャルに手加減なんかいらないと最初から力を全開にして首を絞めまくる。窒息するギリギリの瞬間は脳が溶ける程気持ちいいと言われている。そんな意識が飛ぶ寸前の感覚と、絶頂を迎える瞬間が合わさったらどれだけ気持ちいいのか計り知れない。下着姿で絞められる姿は淫靡、真っ黒なアイシャドーが涙で崩れ落ちる。顔が紫に鬱血する程首を絞められながらイキ続ける悶絶フェチの世界。可愛さと綺麗さが絶妙な美女の下品すれすれプレイ。頭が真っ白になっていく。
絞めれば絞めるほど興奮し、喉が潰れるほどの力を込めても、その欲求は絶えることがありません。これでもかの直球勝負のオドロキ露出とダイタンポーズの連続です。そのか弱き脈動とあえぎ声は、今でも鮮やかに残っています。半窒息状態でフラフラと揺れる裸体を眺めるのは、確かに蠱惑的です。人間の人格や習慣が社会関係の中に埋没してしまう。そして彼女の結末は最低最悪の幕引きとなった。