地下室の首絞め十人目の女性は松岡京花

女子首絞め画像
首絞めマニアに拉致監禁され、標的となった松岡京花
都内某所にあるという秘密の地下室。そこは金持ちな顧客だけが見ることができる危険な首絞めショーが開催される場所。床には様々な紐の類が置かれ、女性をいたぶる苦しめ方は客の思うがまま…。無防備に首を絞められた女は顔を歪め、呻き、涙を流す。今回のターゲットは丸の内のオフィスで働く松岡京花さん。本気を出せば彼女の細い首などあっという間に潰してしまう。その様子をまるで他人事のように眺めながら客たちは興奮してゆく。彼らが満足するまでショーは延々と続けられ終わらない。ここはまさしく地獄、そして極楽の首絞めショーである。


女優名はプロレスや陸上ブルマに登場した松岡京花と思われる。

苦しむ女性の反応を見て興奮が高まり、もっと強く首を絞めたくなる。

薄れる意識の中、その苦しみは次第に快楽へと変わってゆく。

 


地下室の首絞め十人目

●女優名:松岡京花
●身長:168cm B83 W58 H85
●メーカー:三十九階段
●収録時間:58分

SM動画情報

女性の身体を拘束し身動きを封じてから指や紐を首に絡める。首絞めプレイに何とか耐えようとしているのか、我慢しようと肩をすくめて力を入れることで余計に首が圧迫され、紐を境に肌の色が明らかに変化していく。この女性の全てを自分の手に握っているという充足感が包み込む。これぞ首絞めプレイの醍醐味であろう。もしかすると私も興奮で身体を赤くしているかもしれない。
様々な手段で首を絞められ、顔を歪ませ、よだれを垂らし、苦しさにもがき呻く。動脈が絞められ意識が遠のいて行き、やがて女性は意識を失う。首を絞められて苦しむ女の姿を見るのも、自分が女の首を絞めてその反応を愉しむのも最高だ。
しかしこれで恐怖や苦しみから解放されるわけではない。女性が目を覚ますと再び男によって首を絞められ、そして失神しては再び首を絞められ続ける無限ループなのである。意識が朦朧とする中に、この上ない快楽を感じるという。死と隣り合わせの危険で背徳な行為に没頭してしまう異常な性癖。
レンズに向かって悲しげな表情を浮かべるOL松岡京花さん。もはや体力を奪われて抵抗することも逃げ出すことも出来ない。その声にならない願いも虚しく鬼畜な男たちのSM性癖の餌食になり続けるのだった。