首絞め犯に襲われた原美織 東京都S区K町首吊り荘3

2020年2月2日


危険な匂いがするアパートの一室で繰り広げられる猟奇の宴。
フリーターの原美織が簡単なモデルのアルバイトと聞かされて訪れたのは東京都の住宅街、そこは築年数30年以上はあろうかと思われる暗くて不気味なアパートの一室だった。こんなアパートでモデルの仕事?女性は不安を覚えながらも中を覗いてみることにした。すると突然、顔を隠した大男が彼女に襲い掛かり両手で首を締め出す。危ない変質者の手を振りほどき必死に逃げ出そうとするが、抵抗空しく捕まってしまいアパートの中に引きずり込まれてしまう。そして何度も繰り返される首絞め行為。女性の助けを求めるか細い声が静かに響き渡る…。


被害者となる女優は2名、YさんとHさん。Hさんは原美織ですね。

危険な首絞め窒息責め、勿論エッチなハメどりなどは皆無だ。

女優2人のルックスは高くない。その意味で作品には現実的なリアル感がある。

 


東京都S区K町首吊り荘3

●女優名:原美織、他1名
●身長:150cm B84 W57 H85
●メーカー:サロメ
●収録時間:53分

SM動画情報

捉えた女性に執拗に繰り返される首絞め行為。窒息寸前まで何度も首を絞められ徐々に女性の体力を奪っていく。抵抗する女性の力も弱くなり、最後は男に助けてくれと必死で命乞いをする。しかし男は表情も変えず無言のまま首絞め行為を増長させ、女性の首にロープが巻きつけられた。人を欺くための巧みな言い回しは通用しない。さらなる危険を感じた女性は外そうと抵抗するが、無情にもロープを引っ張り上げて身体は宙に浮き、危険な吊るし状態になってしまう。
迷い込んだ2人の女性に襲い掛かる悲劇。冷たい西風が吹いて散り急ぐ木の葉にはリズムの調和がある。何事に対しても違和感を持ち、愛も喜びも喪失してしまう。東京都S区K町の不気味な悲鳴が聞こえる古びたアパート。それを知る者は決して近づこうとはしなかった…。