都内某所で行われる地下室の首絞め 一人目

2020年2月2日

都内某所で行われる首絞めショー、苦しめ方は客の思うがまま…。

なんだかんだ言っても、悪徳アダルト業者は後を絶ちません。都内にある秘密の地下室で繰り広げられる首絞めショー。新人女優を騙して首絞め撮影を強要することなんて赤子の手をひねるより簡単です。高額の会員費を収める特別な客だけが見ることができる。窒息する瞬間は脳が溶ける程気持ちいいと言われるなんて言葉巧みに騙して容赦なく女をいたぶり尽くす。首を絞められた女は手を震わせ、ヨダレを垂らし、泡を吹き、目を剥く。見ている客が大興奮するから、例え女性が気を失おうとも、男たちが満足するまではショーが終わることはない…。

地下室の首絞め
女優名の記載は無いシリーズ。分かる分だけは追い追い記載していきます。

ほっそりとした首筋。ああ、一度でいいからあの首を絞め上げたい…。

大きな瞳がじわじわと充血していく様は首絞めファンならずとも垂涎もの。

 


地下室の首絞め 一人目

●女優名:記載なし
●メーカー:三十九階段
●収録時間:43分

SM動画情報

女性が国を締められ顔が紫に鬱血する程いたぶられていく。もうちょっとで終わるから我慢してね、と言いながら執拗に絞め続けたり。まったく常識を疑ってしまいますが、見ている客には大ウケの様子で会場は盛り上がっています。
拘束された女性は抵抗も許されずに、その柔首をひたすらに絞めまくります。恐怖に怯えながらも必死に逃げ出そうとする。しかしすぐに男達に捕まって押さえ付けられる。そして首絞めショーは強制執行されていく。
腫れる血管と変色していく顔色が首絞めの強さを物語る。見る者の妄想をパンパンに膨らまし続けるだろう。女性の様子は全く気にかけずに男は軽挙妄動にも欲望のまま絞めてはギリギリの瞬間で緩める。女性のお高くとまったそのツラを苦悶と恥辱に歪ませたい。やがて女性は、意識を失っていくフワフワ中を浮くような感覚に快楽を覚えるのであった。