大人になって恥ずかしすぎるお尻ペンペンで恥辱まみれの桜井ことの

お尻ペンペン画像
もう堪忍して…お尻ペンペン3
まるでテレビドラマのような夫婦生活の危機。誰もが一度は経験するであろう人生の分かれ道。夫婦喧嘩のはてに、お互いの不満をスパンキング行為でぶつけ合ったらどうなるのか。昭和時代の躾けの定番であったお尻ペンペンという破廉恥な行為。もしも大人になって自分の配偶者にお仕置きしちゃったら、やっぱりドメスティックバイオレンスとして世間で騒がれるのだろうか。真面目な日本人の心はお尻ぺんぺんで躾られてきたのです。その日本の伝統文化を平成生まれの若者たちにも伝えたいと思います。

最初は男がお尻を叩いて躾けられ、後半は妻がお尻ぺんぺんで躾けられます。

単純な恥ずかしさではなく、これは絶対に屈辱である。

激しいスパンキングで思いのたけを吐き出し合った夫婦の物語。

 


もう堪忍して…お尻ペンペン3

●女優名:桜井ことの
●身長:151cm B82 W57 H90
●メーカー:浪漫フェチ映像
●収録時間:41分

SM動画情報

今回紹介する夫婦は、妻の桜井ことのさんが一生懸命にパートで働き、夫は歌手デビューを夢見る売れないバンドマンという組み合わせ。或る日のこと、全く働きもせず、家事すら手伝おうとしない夫のだらしなさに妻の堪忍袋の緒が切れた!
夫を激しく罵倒する妻。それだけでは気持ちが収まらず、夫の尻を激しくお尻ぺんぺん叩きまくって制裁スパンキング。すると恐怖で事の重大さを痛感した夫は素直に謝罪を申し入れるのでした。
そんな恐ろしい出来事の有った次の日、散らかっているリビングルームにキレイにお掃除して、全て燃えるゴミとして捨ててしまう妻の桜井ことのさん。しかし彼女は不注意だった!夫が苦心して作曲した楽譜を一緒に捨ててしまったのです。
部屋に戻ってきた夫がその事を知ると、顔を真っ赤にして激しく妻を罵倒し、大魔神のような形相で妻への制裁スパンキングが始まるのである。スカートをめくってお尻ペンペン、さらにパンツを脱がせてお尻ペンペンは繰り返されるのであった。