失神寸前の危険な変態エクスタシーレポート.4

2020年2月2日


今回も撮影スタッフを唖然とさせる変態窒息する美女2人が登場します。
もちろん演技も脚本設定も一切なし。赤紫にむくれる顔面も、滴り落ちる涎も、もちろん震える痙攣も、失神もすべてが本物。すべてがリアル。一人目の女子高生の窒息責め、そして失神した姿はホラー映画のような恐怖と戦慄を感じました。視点が合わない眼光と小刻みに震える身体の後に待つ新たな世界。二人目のOLは窒息したり失神したりすると痙攣する妙な体質の変態M女性、どんなハードな首絞めでもOK。苦しければ苦しいほど感じてしまう。まさに怖いもの知らずの究極どM女です。かなり気持ちよさそうでした。このような女性の窒息プレイの実録映像はある意味貴重です。


女優は磯崎光と白浜ユリ、聖くすぐり学園でも共演していた2人です。

本能を駆り立てる苦悶に満ちた顔、悲痛にも似た叫び、未知なる世界へのブレイク!

危険な首絞めプレイで今まで経験のない絶頂感が体を駆け巡る。

 


変態エクスタシーレポート VOL.4

●白浜ユリ:B82 W56 H82
●磯崎光:B86 W60 H84
●メーカー:RISING
●収録時間:55分

SM動画情報

最近女性たちの間で急増している危ない首絞められ症候群。一般カップルの男女のスキンシップのひとつとしても浸透しつつあるようで、特別マニアックなものではなく、楽しくカジュアルに経験できるのが現状だ。
そこで、我々は首絞めされる事によりエクスタシーに達する女を用意して実験的撮影を行うことにした。いきなり椅子に座らされギュウギュウと背後から絞められる。殺すつもりで女の首をありったけの力を振りしぼり絞め上げる窒息責め。女性の顔はみるみる紫色に変色してゆき、意識が遠のくかなり危険な作品です。こんな極限状態のヤバ過ぎる映像は二度と撮れないかも知れません。プライベート映像ならではの生々しい淫愛の記録です。