ねぇオジサン、黒革手袋で首絞めに来たよ

2020年2月2日

表社会では言えないが、彼女は首絞めという仕事に従事するSM女王様である。

表情も変えずに男の首絞める綺麗なお嬢さん。彼女は女首絞め師。周りから見ればあまりにも冷たい、とても危険な行為である。しかしこれはお客であるM男が望んだこと。女性に首を絞められることに性的興奮があるらしい。息の根が止まるギリギリの瞬間まで両手でぎゅっと首を絞め続ける。Sっ気たっぷりに冷酷な笑みを浮かべる女首絞め師の宮本菜々花。動物的な悲鳴が聞こえてくる。気が狂いそうになる。深く吸い込み吐く息が喘ぎ声と混じり何度も昇天をする。やがてその興奮は頂点に達し、夢精してしまう。男女の性癖の世界は他人には決して見せることは出来ない。

女優名は煩悩寺プロレスで見かけた宮本菜々花だと思う。直接のファンじゃないのでそこまで自信は無し、違っていたらゴメンなさい。

永遠に続くのかとも思われる首絞め地獄を味あわせられていた。

黒皮手袋でM男の首を絞めて窒息寸前のギリギリまで追い込んでいく。

 


ねぇ首絞めに来たよ5

● 女優名:宮本菜々花
● 身長:B84 W65 H88
● メーカー:COLD TURKEY
● 収録時間:45分

SM動画情報

首絞めという危険極まりない行為の中に性的快感を覚えるというM男は世の中にかなりの数が存在するようで、彼女は客の依頼を受け首を絞めるという奇特な仕事に従事している女性である。彼女自体はごく普通のの女性であり、決して危険人物というわけではない。他にやりたがる女性がいなくて女首絞め師は貴重であり金になる仕事である。あくまでお客様の依頼を受けて首絞め行為を行っている。
首絞め業務は、もちろ相手を窒息死させては罪に問われるので、細心の注意を払いつつ、お客様の望むままにギリギリの瞬間まで首を絞めていく。男性客は美しい女性に首を絞められるという妄想的な世界を目の当たりにしながら、苦しみで意識を失う瞬間に桃源郷が見えるという。一般人には理解してもらえそうにない男女のSM性癖の世界が存在するのだ。首絞めマニアの需要を増加傾向にあり、その中でこの仕事に従事する一人の女性に密着取材して映像に収めてみた。