大人になっても躾とお仕置きはお尻ペンペン 第九章

2020年2月2日

母性愛と癒しに包まれたお尻ぺんぺんスパンキング劇場!

大人の男性がパンツを脱がされお尻を叩かれしつけを受ける。子供の頃に家で母親に、学校で先生にお尻をペンペン叩かれ叱られた人も居るだろう。身体に染み着いたあの幼かった頃の恐怖がいま甦る。躾という名のバイオレンス。中年のオヤジはお尻をペンペン叩かれて大恥を晒し、子供の様にわんわん泣いて謝る。そこには愛があればこその物語。羞恥心にまみれるM男の神髄がここに在る。童心を取り戻した男たちは、世の中を生きる厳しさと喜びを噛みしめて抵抗することすら出来ない。愛情たっぷりのお尻ペンペンをどうぞお愉しみください。

ダメな兄を叱りつけ、お尻ペンペンして躾ける妹。

傲慢な上司に腹を立て、お尻ペンペンして罪を認めさせるOL。

女優名の記載は無いが皆方あきだと思われる。

 


お仕置きはお尻ペンペン 第九章

● 女優名:皆方あき
● 身長:162cm B83 W58 H85
● メーカー:浪漫フェチ映像
● 収録時間:46分

SM動画情報

第一章のスパンキング物語…ネットのオークションサイトで妹の下着を販売していたヒキコモリの兄。妹の元にやってきて「今履いている下着を脱いでくれ、お前にも分け前をやるぞ」平気でそんな事を言ってのける兄。こんな変態な兄には根性を叩き直すべくお仕置きが必要だ。妹は家にあるスリッパ、バインダー、そして素手で兄のお尻を激しくペンペン叩いて叱りつける。兄は泣き喚きながら謝り、ようやく改心したようだ。そして真っ赤に腫れあがった兄のお尻を濡れタオルで冷やして、さらに手淫マッサージで兄の心を癒してあげる妹。ほほえましい美しき兄妹愛に思わず貴方も感動を覚える事でしょう。
第二章のスパンキング物語…職場で雑用ばかり押し付け、お茶ならまだしも個人的な用事をも言いつける嫌な上司。俺のクリーニングをとってきてくれ等、まったく公私混同も甚だしい。こんな傲慢上司にOLの怒り爆発する。OLは召使じゃありませんときっぱり言いのけ、彼の根性を叩き直すべくハンガー・バインダーなどでお尻を激しくスパンキング、パンツを脱がせて直接に地肌に叩き込む。やがて彼女の言い分を理解した上司は謝罪して心を入れ替える。そんな男が愛おしく思えたOL女性は、お尻をタオルで冷やし優しく抱きしめしる。OLが働きやすい環境と社会創りこそが今後の日本の課題でもあります。