ねぇ、くびしめにきたよ 少女に責められ窒息寸前

2020年2月2日

意識を失う瞬間の快楽を求めあう首絞めという危ない性癖。

朝ドラ女優っぽい清楚がたまらない美少女が今回の主役です。未知なる快楽を求めた非日常的な社会に存在する「首絞め」という危ないSM性癖。お客である年配の男たちは、自分の娘のような少女に頸動脈を絞めると、顔面を紅潮させて目を虚ろにしながら涎を垂らして悦に浸る。色気のある魔性感を武器に妄想を過激に掻き立てるエロス。彼女は慣れた様子で冷静な表情を見せ、ゆっくりとギリギリの窒息寸前の瞬間まで男の首を絞めていく。お互いに背徳感のある行為に胸の鼓動が高まり興奮が生まれてくる。激しい絶頂と共に契約を取る鉄壁の官能サービスだったのです。

女優名の記載はなしのシリーズ。

奇妙な需要と供給の中で首絞め行為に従事する女性に密着してみた。

幼い少女に首を締め上げられる背徳感に興奮する。

 


ねぇ、くびしめにきたよ1

● 女優名:記載なし
● メーカー:COLD TURKEY
● 収録時間:40分

SM動画情報

奇妙な性癖を持つ客の要望に応えて相手の首を絞めるという世間一般的には非難されそうなお仕事。もちろん万一の危険があってはならないので、首を絞める女性にも細心の注意を払いつつ緊張感が走る。徐々に力を込めていき、窒息寸前の危険ギリギリの瞬間が快感へ昇華する至極の時。少女のような女性に首を絞められるという背徳感が彼の抵抗を失わせる…。
中年男は幼げな少女に首を両手で絞められながら何を思うのだろうか。今生の別れ、懐かしき遠い青春の日々だろうか、それとも単なる性的な満足感だろうか…。そんな目で見つめちゃだめですよ。私にはこれ以上は出来ませんから…。朦朧として意識を失う寸前の快感を求める男女の危ない関係。首尾一貫として2人ともウィンウィンな状況であるのは間違いなさそうだ。そんな世の中の人には言えないSM変態行為の一部始終を取材して動画に収めてみた。